元公務員が公務員を辞めたい人にアドバイスするサイト
公務員 40代 辞めたい

40代公務員が民間に転職する方法

公務員といえば収入の安定や賞与の確実性、社会的信用度の高さなどからいつの時代でも憧れの職種の一つではありますが、昨今の経費・人件費削減の波で徐々にその待遇は部署などによって変わってきているのが現状です。

その上で現状、大手民間企業などへの転職を求める方が多くなっています。

ただし、20・30代などですとこれからのキャリア形成は十分に可能と見込まれるケースも多く、転職の最前職が公務員ということがプラスに働きスムーズに転職が完了するケースが多いです。

しかし、どうしても40代以降だとキャリア形成の面では不利に働いてしまうため、民間企業同士の転職同様難航してしまうケースが発生します。

転職する上でどうしても40代以降についてはそのリスクヘッジを考慮した行動が必要になります。

公務員から民間へ40代で転職する方法

今回は40代での公務員から民間企業へ転職することを前提とした方法、準備になどについて記載していきます。

まず年齢に関わらずといえばそうですが、特に必要なのが過去の「前職(公務員時代)のキャリア」です。

当然ながら再雇用先では優秀な人材がほしいわけですが、就業寿命とされる60~65歳を迎えるまでのキャリア形成には正直1からの形成には不十分な時間だといえます。

そこで、少しでも好印象かつ有益と思われるために必要なのが前職のキャリアです。

ここでいうキャリアは何も必ずしも上席・管理者・責任者などの地位についている必要性はありません。勤続年数も立派なキャリアです。

ただ、ここまでは民間企業同士の転職でも同じことが言えますが、公務員からの転職の際はそこを有利と捉えても問題ありません。

公務員となるためには少なくとも民間企業の企業レベルなどにもよりますが、一般的に民間企業よりも必要とされる初期スキルの高さが要求されます。

その上で公務員として就業しているということは、それだけの「初期スキルは高い」という判断を受けてもらえることが多いです。

つまり、後必要になるおおよその要素は「長期勤務が出来るだけの責任感があるかどうか」になってきます。その点においては、公務員からの転職という前提条件を有利に使えるわけです。

後必要になるのは「転職を希望する利用・将来的ビジョン」です。

これもやはり民間企業間での転職においても同じことが言えるのですが、公務員の場合はおおよそ将来が約束されるだけの社会的信用や将来的保証がある職業です。

そこから民間企業に転職したいという明確な理由は相手企業にとっても「雇用する上での安心材料」ともなります。

社会的信用・将来的保証を切り捨ててでもこの企業に応募した背景は何か、それに伴う意欲や能力が備わっているのか。この点をどれだけ簡潔かつ明確に提示できるかがとても重要です。

民間企業間での転職の場合は居住地域の変更や給与面の向上、業種のキャリアチェンジなどの理由単体でも大きな理由になりますが、公務員からの転職となるとさらに公務員の肩書きをはずしてまで働きたい意志と理由の提示が大きな要素となります。

公務員から民間へ40代で転職するための方法

個人的に必要となる要素は先ほど「前職のキャリア」と「転職を希望する利用・将来的ビジョン」とお伝えしました。

ですが、個人でこの要素を用意したとしてもまだ足りないものがあります。

それは「40代以降でも雇用してもらえる企業の存在の情報」です。

数多ある就職エージェントを見てもわかるように、やはり多くの場合はキャリア形成を理由として30代中盤までを条件としている場合があります。

ですが、管理職候補などの場合だとその限りでもありません。

一般職の場合でも積極的に雇用促進している企業も昨今では増えています。

ですが、それを探し当てるにも非常に大変な作業です。そんなときに利用したいのが就職エージェントJAC Recruitmentです。

JAC Recruitmentでは高収入や高待遇などの条件を取り揃えており、それに伴い40代・50代の転職にも積極的に協力してくれる体制があります。

就職先を探す上でもやはり「前職のキャリア」と「転職を希望する利用・将来的ビジョン」を最大限にアピールし、それを優良と判断してくれる環境の職場を探すことが転職成功率を上げる近道です。

JAC Recruitmentは「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」と自身で銘打っているほどですので、掲載されている案件は非常に優良なものばかりです。

40代での転職成功率はJAC Recruitment利用者の約4割、転職後の平均年収は910万円ということです。

成功率についても4割という数字は個人であてずっぽうに転職活動を続けるよりも断然成功率は高いです。

その背景として、JAC Recruitmentに登録した自身のプロフィール・履歴などを元に企業側のヘッドハンターが直接個人と交渉してくれるところにあります。

自分で売り込みに行く前に、相手からアクションをしてもらえるというのはスタートダッシュの面でも非常に有利に働きます。

一度は相手企業に注目されているわけですので、その期待以上に答えられるだけの自身の売り込みをもって、転職を成功させるというのがフロービジョンです。

JAC Recruitmentはその点においての求人内容・バックアップ体制・コンタクト方法などにおいて40代の転職において非常に有益なのです。


年収1000万円以上の求人も多数!

⇒JAC Recruitmentの求人を見てみる

また、テレビCMの「ビズリーチ!」で有名なビズリーチもおすすめです。

ビズリーチは、登録しておくと年収アップの転職ができる可能性がアップします。

あなたが登録したデータを、一流企業や優秀な人材を発掘するヘッドハンターが見て、「この人の能力がぜひ欲しい」と思われればヘッドハンティングされます。

ビズリーチはヘッドハンティングを主体とするので、通常の転職活動とは違って、面接などをする必要がありません。

スカウトという形式のため、そういった面倒な手続きは省いてさらなる上昇をすることが可能です。

↑無料登録で転職情報を見れます↑

ヘッドハンティングというだけあって能力が求められますが、「もっとやりがいのある仕事がしたい」と思っている人は、その熱意を登録時のレジュメに書き込めば、ヘッドハンターの目に留まる可能性もきっとアップしますよ。

年収600万円以上を狙うなら、ぜひとも登録しておいたほうがいい転職サイトです。