元公務員が公務員を辞めたい人にアドバイスするサイト
公務員 30代 辞めたい

公務員を30代で辞めたい

転職をもっとも希望する年代層は30代だといわれています。

理由は今後のキャリア形成の期限とも言われていること、将来を見据えて骨を埋められるような仕事に就きたいと考え始めること、前職の経験から自分の適性が見えてくることなど様々です。

実際に30代の転職というのは転職する側からしてもこれからの安定を望んで挑む一大イベントでもありますし、雇用する側からしても今までのキャリアを発揮して成長が見込めると判断できるリミットラインとも捉えられているのです。

つまり、30代の転職というのはその人にとって成功すれば思いがけない成功をもたらしてくれる可能性があるということです。

この記事では、30代で公務員が辞めたときに転職できるかについて解説していきます。

公務員を30代で辞めたい

30代で公務員を辞めたいと考える理由も人それぞれですが、例えばもっとグローバルな仕事に従事したい、キャリアアップ制度が充実した業種についてみたい、安定よりも実力での成長や成功を求めたいなど、実に様々です。

これらの理由を叶えるためには、今までの実績とこれから成長できると信じてもらえる時間の余裕が必要です。

公務員からの転職は考えようによっては武器です。

世間的ブランド面でも絶対的安定が保証されている公務員にまずなれたこと、そこで実績を積んできたことは雇用先からすると誠実さの具現的要素と捉えることも出来ます。

さらにその安定を差し置いてでも転職したいという意欲を感じさせることで、自分自身に対しての成長意欲があるという意思表示にも役立ちます。

公務員からの転職をする上で、せっかく武器に出来る要素がありかつ30代という年齢的武器も兼ね備えているのですから、面接等のアピールポイントではそれを思う存分活かす対策が必須です。

実際、一般企業のほうが公務員よりも業種なども相当幅広いですし、新しい世界がたくさん広がっています。

これからのキャリアアップを見据えて今だからこそ転職を考えたということをアピールすることは、雇用先からしても良人材と判断してもらいやすくなります。

30代で就職先はあるのか

30代での就職先は何も不安に思うことはありません。

確かに新卒や第二新卒の就職よりは幅が狭いのも事実ですが、但しその反面いままでのキャリアが無ければ応募できない求人にも着目することが出来るようになるのが30代あたりでの転職のメリットです。

例えば管理職候補や店長候補など、トップ陣営を最短で狙うのであれば新卒ではまず応募できません。

それに、公務員からの転職というのはその就業までのハードルを乗り越えたという実績、安定的職業を続けてきたという実績が約束される経歴です。

誠実かつ正確な仕事が求められる公務員が務まる人材という判断が出来るわけですので、これも公務員からの転職だからこその利点といえましょう。

ですが、企業によってはキャリアアップ形成を図るため○○歳までの募集というように年齢のリミットを定めているところも多くあります。

30代というのはちょうどそのリミットになることが多く、その点では振るいにかけられてしまうことにもなります。

ですが、職種や業種に拘らず仕事を探していけば、それこそ仕事は十分にあるといえます。

就業実績が無かったり、逆に転職実績があまりにも多い場合は長く働けないのではないかと不安をあおることになります。

しかし、

  • しっかりと今後の自分自身を見据えた転職を希望していること
  • 希望先の職場であればそれがかなうと判断したこと

をしっかりとアピールし、今までの仕事ぶりを簡潔かつ確実に伝えることが出来れば、考えるほど30代の転職は難しいものではないのです。

おすすめの転職方法

30代の転職はうまく理由や経歴などの要素を使えばそこまで難しいものではないと先述しましたが、そうはいっても簡単というわけではありません。

自分の力だけで転職先を探そうと思っても新卒募集やハードルの高いキャリア募集などばかりが出てくるということもざらにあります。

そこで活用したいのが転職エージェントです。

様々な雇用条件や希望項目が出てくる30代の転職において、選別をしたいと思うのは企業側も従業者側も同じです。

そのすりあわせをしてくれるのが転職エージェントです。

業種・年収・キャリアなどの条件を互いに提示してマッチングさせることが出来ますので、転職エージェントを活用することで自分の力だけでは見つけることが出来なかったような好条件の企業を提示してもらえることもざらにあります。

専門のアドバイザーなどから提示を受けたりも出来ますので、自分自身だけでは判断できない適正なども見つけてもらえる機会になります。

例えば、JACリクルートメントがおすすめです。

こちらの転職エージェントはハイクラス転職を支援してくれるので、タイトルアップを目的とした転職であればそれに見合った好条件のハイクラス職を提示してくれます。

年収アップを狙うのであればこうした上位職を提供してくれる転職エージェントの利用も有効的です。


年収1000万円以上の求人も多数!

⇒JAC Recruitmentの求人を見てみる

 

また、テレビCMの「ビズリーチ!」で有名なビズリーチもおすすめです。

ビズリーチは、登録しておくと年収アップの転職ができる可能性がアップします。

あなたが登録したデータを、一流企業や優秀な人材を発掘するヘッドハンターが見て、「この人の能力がぜひ欲しい」と思われればヘッドハンティングされます。

ビズリーチはヘッドハンティングを主体とするので、通常の転職活動とは違って、面接などをする必要がありません。

スカウトという形式のため、そういった面倒な手続きは省いてさらなる上昇をすることが可能です。

↑無料登録で転職情報を見れます↑

ヘッドハンティングというだけあって能力が求められますが、「もっとやりがいのある仕事がしたい」と思っている人は、その熱意を登録時のレジュメに書き込めば、ヘッドハンターの目に留まる可能性もきっとアップしますよ。

年収600万円以上を狙うなら、ぜひとも登録しておいたほうがいい転職サイトです。